唐津の産婦人科医のブログ




佐賀県唐津市の産婦人科、たなべクリニック産科婦人科院長たなべりょうへいが日々感じたことを率直にお届けするブログです。


>>たなべクリニック産科婦人科   >>今日のよか

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「エレベーター」

        『ありがとうございます』とご婦人。
        「いいえ・何階ですか?」と私。

        私は・エレベーターの「閉じる」ボタンを
        押そうとした瞬間・駆け寄る人影に
        とっさに「開ける」ボタンを押す。

        「今日は・お天気良かったですね」と私。
        『そうですね・でも夜はまだ冷えますね』と
        ご婦人。

        見知らぬ方とのエレベーター内の
        僅か数秒の会話。

        先に降りたその方は・軽く私に会釈をして
        立ち去る。

        私も・少し微笑んで・会釈。

        少し・いい気分。
        ちょっと・幸せな気持ち。

        「閉じる」ボタンのないエレベーターがある。
        「開ける」ボタンしかないエレベーター。

        最初・戸惑う。
        でも・次の瞬間・ボタンを探す自分がおかしい。

        ドアの開いたままのエレベーターを
        一秒でも早く閉めようとボタンを探す。

        ドアが閉まるまで・僅か数秒の待ち時間の
        はずなのに・慌てて・ボタンを押そうとする。

        僅か数秒急いで・何の得?

        「閉じる」ボタンのないエレベーターからの
        無言のメッセージ。

        閉まり掛けたエレベーターの
        ドアが閉まり・乗り遅れる。

        「もぅう~・開けてくれればよかったのに~」
        と不機嫌な私。

        次のエレベーターに私は乗る。

        駆け込みの人が見える。
        「閉めちゃおうぅ」と不機嫌な
        私のこころが思う。

        ”ちょっと気分悪~い”の連鎖。

        その連鎖を断ち切り・私は・不機嫌な私と
        戦い「開ける」ボタンを押す。

        『ありがとうございます』

        一瞬にして・私のこころは
        はっぴぃモードとなる。

        自分が不快に思った事は
        自分で断ち切り・連鎖しない。

        「閉じる」ボタンのないエレベーターは
        教えてくれる。

        ささやかなハッピィの連鎖を。

        your happy my happy.


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tanabeclinic.blog110.fc2.com/tb.php/164-78edff29

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

りょうへい

りょうへい

たなべりょうへいのブログにようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。